ひとりごと

年収300万。ふいに鬱になる

今日は久々の独り言。年収300万のつぶやき…愚痴の記事です。
やっぱり年収が30歳代に、なってもこの金額だとストレスが少しずつ、徐々に蓄積されてきますね。

皆さま方は30歳代だとおそらく年収最低でも400万は行かれてると思います。

 

 

 

私の友人も最低年収が低い人間でそのくらいなので。ですので、やっぱり最低それぐらいはないと独り身であっても厳しいのが現実。

ふとコンビニなどに入り、モトマックスとかいうカジュアル雑誌があるのですがそういったものを見ても買えない悔しさが積み重なり、ストレスになります。

休日もパチンコ三昧でヤバス。

 

 

 

しかも負け続き…

やはりお金ない人に決まってお金がないからギャンブルで一儲けしてやろうと思い中途半端に突っ込んで負ける…。かといって大金突っ込んで流れが悪いから負ける…。このようになんか連鎖しますね。ただ、そうはいっても金なけりゃなんもできねぇからやらねばな。

ただその前にフレッシュな趣味を探す。

 

 

 

 

同時にかといって時間もないので早く転職しなければ、いけないですがやりたいことはなくやはり新しい会社にいくというのはそこそこ勇気が必要…

今より悪かったらシャレになりませんもんね。なので、私の考えとしては最近思ってるのが、先に会社を下見して選び出てくる社員の顔で判断しようかと思ってます。

やっぱりある程度満足度の高い会社はどことなく社員の表情となって活気が見えるもの。

それを、上手く感じ取る下調べを今からはじまよっかなと思います。

 

 

時は金なりの精神なので早く行動にうつします。

 

 

テキトーにマイウェイ精神さ!!!

-ひとりごと