良さそうなイメージだけど企業看護師は就職先としてどうなのか?

看護師は慢性的に人手不足なので就職はしやすい職種です。
しかし、やはり自分に合った就職先で働きたいですよね。

看護師なその資格があるだけで様々なところで勤務することができます。

 

中には企業看護師というものもありますよ。

企業看護師は一般企業の健康管理やメンタルヘルスケアを行う看護師です。

では企業看護師として働くメリットとデメリットについて解説します。

 

看護師の就職先を企業にするメリット

看護師の就職先を企業にして、企業看護師として働くメリットについて解説します。
メリットを知って自分に合うか確認しましょう。

 

OLのように働ける

企業看護師は勤務の仕方がOLのように働けます。
ランチは外食したり、ネイルなどオシャレができます。
こんなこと、病院での勤務ではありえないですよね。

スーツを着て仕事をしたり、手帳や名刺入れを持ち歩いたりするので、企業看護師はOLと変わらないんですね。

 

夜勤がなく土日休み

企業看護師は基本的に夜勤がありません。
なぜなら夜勤を行う時間帯にはその企業に人がいないからですね。
もしかしたら深夜まで残業をしている人がいるかもしれませんが、わざわざ看護師が残る必要がありません。

また、企業看護師の休みはその企業の休みの日です。
なので、土日休みが多く、一般的なカレンダー通りの休みになるところが多いです。

ゴールデンウィークやお盆休みがあるところもあるでしょう。
病院はこのような一般的な連休は関係ないですからメリットになりますね。

 

企業を勤務先にするデメリット

企業看護師になり、企業を勤務先にするデメリットについて解説します。
あらかじめデメリットを知っておけばあとで後悔することがないですからね。

 

看護以外のスキルが必要

企業看護師は看護以外のスキルが必要になります。
これは医療行為が少ないぶん、それ以外のスキルが求められるからです。

例えばパソコンなどのスキルです。
企業看護師はデスクワークが多く、データのまとめはパソコンで行うことが多いです。
ワードやエクセルなどのパソコンソフトのスキルが必要になりますので、パソコンが苦手な方はデメリットになります。

 

企業が経営不振になることも

一般企業の場合は病院と違い経営が安定しません。
もしかしたら業績不振になるなんてこともあります。

その場合はリストラなどもあるかもしれませんね。

企業看護師は臨床経験が少ないので、転職となるとブランク扱いになる場合があります。
なので、企業は見極めないといけないですね。

 

まとめ

看護師が企業を就職先にするメリットとデメリットについて解説しました。
企業看護師はOLとして働けるメリットがありますが、それ以外のスキルが求められるデメリットがあります。
メリットとデメリットを比べて就職先を決めてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です