看護師さんの就職先は一度立ち止まって冷静に考えるべき【わたしの経験談】

看護師は慢性的に不足しているので、比較的に就職しやすいです。
そうは言ってもどこでもいいというわけにはいきませんよね!

病院によって業態が違ったり、分野が違うこともありますし、人間関係も気になると思います。

そんな看護師が転職で就職先を失敗しないためにはどのようにして選べばいいのでしょうか・

このサイトでは看護師が就職先の選び方について、わたしの例と反省点を踏まえて解説します。

 

わたしの就職先の選び方

最初にわたしが就職先の選び方について解説します。

先に言っておきますが、これは失敗例です。

わたしが学生時代に就職先を選ぶときには、学校内にあった求人票をを見ていました。
その中で基準にしていたのはズバリ給料です、

月収はもちろんですが、ボーナスがどれくらいもらえるかなどを基準に見ていました。

 

その結果、特に身になることはなくただただ時が過ぎていくばかりになりました。

学生時代の同期は学会や勉強会などで発表するようになったり、着々とキャリアアップしていましたが、わたしは先の見えない道をゆっくり歩いているように感じました。

 

やはり、就職するということはそれなりの覚悟を持って行かなければならない、そうしないと人生が終わってしまう。
幸せを掴むことができないと感じました。

あなたにわたしのような失敗をして欲しくないので、おすすめな就職先の見つけ方を紹介します。

 

おすすめな就職先の見つけ方

看護師が転職などで就職先を見つける方法は、看護師求人転職サイトを使った転職です。
はっきり言いますが、これ以外では成功率が低いです。

では、他の就職先の見つけ方と比較してみましょう。

 

ハローワーク

就職先を見つける方法として真っ先にハローワークを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

ハローワークには様々な就職先を探す人が多いですからね。
わたしも以前、失業保険をもらうために通っていましたときに、多くの人がパソコンに向かって求人情報を探していました。

 

ハローワークには看護師の求人も扱っています。
しかし、ハローワークで看護師の求人を探すのはおすすめしません。

まず第一に、ハローワークは時間が決まっています。
平日の昼間のみで夜は開いていません。

看護師が仕事をしながら就職先を探すとなると困難になります。

また、ハローワークは看護師の他にも様々な人が就職先を探しています。
看護師と違い、就職しにくいという人が必死になって探していることもあるでしょう。

 

就職先の相談をするなどで混雑していることもあるでしょう。
なので、時間的な効率が悪いです。

さらにハローワークは看護師の求人のみを扱っているわけではありません。
つまり、ハローワークは医療関係専門の求人情報を扱っているところではありません。
なのでハローワークは病院のことに詳しくないんですね。

 

病院のことに詳しくないところで就職先を探しても、条件や残業の有無、福利厚生などわからないことが多いです。
その病院の人間関係がいいか悪いかなど絶対にわかりません。

なので、ハローワークで看護師の求人を見つけることはおすすめしません。

 

求人情報誌はどうなのか

就職先を見つけるときの求人情報誌を利用することを考えたり、利用したことがある方もいるのではないでしょうか?
わたしも学生時代は求人情報誌でアルバイト先を探したものです。

では、看護師が就職先を求人情報誌で見つけるおはどうでしょうか?

 

その答えはNGです。

 

理由は圧倒的に情報量が少ないことです。

求人情報誌に書いてあることは非常に少ないことがおいです。
1ページまるまるその求人情報があるというのは稀で、ほとんどは小さく紹介されています。

この情報量で病院のことなど把握しくれるわけがないんですね。

業務内容がどうなっているか、託児所が完備されているかなど知りたい情報がないことが多いです。

なので、求人情報誌で就職先を見つけるのはやめておきましょう。

 

ナースセンターはどうなのか?

ナースセンタは都道府県の看護師協会が運営している無料の職業紹介業のことです。
看護師向けのハローワークみたいなところですね。

看護師向けのハローワークであるなら病院のことに詳しいからメリットがあると考えるでしょう。
確かに、安心感はありますし希望にあった案件をもらえる確率が高いです。

 

しかし、デメリットとしては扱っている求人情報が少ないことです。
地域密着といえば聞こえがいいですが、本当に就職先を選ぶことに成功させたいのならあらゆる可能性を模索するためにも、求人数が多く扱っているところで就職先を探す方がいいです。

 

求人転職サイトが一番な理由

看護師が就職先を見つけることは看護師求人転職サイトが一番です。
ハローワークでは利用できる時間が決まっていたり、看護師の専門の求人の場所でないから病院の事情に詳しくないというデメリットがありましたね。

 

求人情報誌では、就職先の情報量が少ないというデメリットがありましたね。

ナースセンターは求人情報が少ないというデメリットがありましたね。

 

このデメリットを全て補ってくれるのが看護師求人転職サイトです。

 

看護師求人転職サイトのメリットは、まずは看護師専門の求人しか扱っていません。
病院と密接な関係になっているところが多いので病院の事情に詳しいです。

なので、就職先の情報を細かく知っています。
知りたい情報がない場合は、担当してくれるキャリアコンサルタントに相談すれば詳しく調べてくれます。

 

看護師求人転職サイトはハローワークや求人情報誌、ナースセンターと比較しても圧倒的な求人情報の数を扱っています。

中には条件のいい非公開求人を扱っています。

非公開求人は、一般に後悔すると応募が殺到してしまうような好条件の求人情報です。
つまり、ハローワークや求人情報誌、ナースセンターなどでは知ることのできないような求人があるということです。

その他にも看護師さんの転職はハードなため時間が取れずに焦って失敗するパターンも多いようです。

看護師さんは比較的職場には恵まれていて色々と溢れていますが、現実としては色々と不満は多くあるようです。

なので転職は慎重にやるべきです。

日々忙しい業務で精神的にも疲れやすい看護師さんの職選びは落ち着いて選ばないと転職を失敗してしまう可能性も高いのも事実です。

引用元:看護師が転職失敗しないまでの流れについて

 

担当のキャリアコンサルタントに条件などを相談すると、それに合った求人情報を探して紹介してくれます。
人間関係の良し悪しや、離職率、平均勤続年数なども調べてくれるので就職の成功率は高くなります。

 

まとめ

看護師が就職先を見つけるには、看護師求人転職サイトを活用させることがおすすめです。
ハローワークや求人情報誌、ナースセンターで就職先を探すデメリットを補ってくれます。

 

看護師求人転職サイトでキャリアコンサルタントに相談すれば、就職の成功率がグッとあがりますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です