病院よりラク?看護師の就職先にクリニックはどうなのか

看護師は慢性的に人手不足なので、どの施設も欲しがっています。
就職がしやすいということですね。

しかし、その中でも自分のライフスタイルに合う働き方をしたいでしょう。

そんな中でクリニックは就職先としてはどうでしょうか?

今回はクリニックを就職先と考えて時のメリットとデメリットについて解説します。

 

クリニックの業務内容

クリニックはどのような業務内容なのか確認しておきましょう。
主な業務内容はこちらです。

・問診
・バイタル測定
・採血
・点滴処置
・検査説明

これ以外にもクリニックによては心電図やレントゲン画像を現像する仕事があります。

 

また、クリニックは総合病院や大学病院と違い人が少ないので雑務があります。

・医療器具の洗浄や消毒する
・タオルや衣類を洗浄する
・クリニック内の掃除をする
・診察ベットの準備
・備品の発注を行う

少数で成り立っているからこそこのような雑務をしなくてはいけないんですね。

透析クリニックでは鉗子の滅菌も看護師が行うことがあります。
掃除がめんどくさいという看護師もいますね。

 

クリニックを就職先にするメリット

クリニックを就職先にするメリットについて解説します。
メリットを知って自分に合うか確認してくださいね。

 

・高度な知識が要求されない
・クリニックに馴染めば仕事がしやくなる
・夜勤がないクリニックが多いので体が楽になる
・休みは暦通りと休診日で基礎正しくなる

 

クリニックのメリットはこのように、規則正しい生活をおくれて体調管理がしやすいことがメリットです。
家庭を持っていたり、子育てするなどライフスタイルに合った働き方ができます。

 

クリニックを就職先にするデメリット

クリニックを就職先にするデメリットを紹介します。
あらかじめデメリットを知っておけばあとで後悔することもなくなります。

 

・雑務が多い
・人によっては仕事内容にものたりなさを感じる場合がある
・急な休みがとりにくくなる
・給料や福利厚生、退職金はクリニック次第

 

クリニックにはこのようなデメリットがあります。
また、クリニックでは特にコミュニケーション能力が求められますので、苦手な方は仕事がしにくいとく看護師もいますね。

備品の発注や掃除など看護以外の仕事があるのでこれがデメリットと考える看護師も多いです。

クリニックは休診日が決まっていますので規則正しい生活がおくれますが、その反面として急な休みが取りにくいというデメリットがあります。
長期休みも取れるところと、取りにくいところもあるようです。

 

まとめ

看護師がクリニックを就職先にするメリットとデメリットについて解説しました。
休診日が決まっていますので、規則正しい生活がおくれるというメリットがあります。
しかし雑務が多いので人によっては合わないという人もいるでしょう。

メリットとデメリットを比較して就職先を検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です