ぶっちゃけ看護師の就職先で美容クリニックはどうなのか?

看護師は慢性的に人手不足なので、比較的に就職先には困りにくい職種です。
だからっといって、どこでもいいということにはなりませんよね!

自分に合った就職先で仕事をしたいと考えるはずです。

 

看護師の就職先は、大学病院や総合病院の他にもクリニックや介護施設、訪問介護などがあります。

そんな中で人気の就職先の一つが美容クリニックです。

では美容クリニックを就職先と考える上でメリットとデメリットについて解説します。

 

美容クリニックのメリット

美容クリニックは日勤のみで夜勤がないということがメリットとあげる看護師が多いです。
大学病院や総合病院で病棟勤務をしていた時に夜勤を行なって対象を崩したりつらい経験をした看護師も多いでしょう。
なので日勤のみということがメリットになりますね。

また、美容クリニッっくは給料が高いことでも有名です。
さらにインセンティブ制度を設けている場合もあります。

 

インセンティブ制度は、報酬金制度のことで、看護師が患者(お客様)の契約を取得すると報酬がもらえるというものです。

そのため、営業が得意な看護師は年収600万円以上という看護師もいます。

美容キルニックは病院というよりもサービス業という方が強いですね。
なので、ビジネスマナーがつきやすいというメリットがあります。

さらに何と言っても美容クリニックなので、その背術を社員割で格安で受けれるというメリットがあります。
自分で経験したことを患者(お客様)に勧められるので仕事がしやすくなりますね。

 

美容クリニックのデメリット

就職先を美容クリニックにすることでのデメリットについて解説します。
先にデメリットを知っておけばあとで後悔することがないですからね。

美容クリニックで働くデメリットは、他の人が休みの時に仕事をしなければならないということです。
つまり、土日や祝日など一般的な休みの日です。

 

この時が美容クリニックは稼ぎ時なんです!

病院というよりはサービス業の方が強胃というのはこのようなこともあるがゆえです。
なので友人や家族と休みが合わないという看護師が多いですね。

また、美容クリニックは病院ではないので医療スキルが低下してしまうというデメリットがあります。
美容クリニックでの期間は臨床経験にカウントされません。

なので同じ看護師の仕事でも違うものだと考えた方がいいでしょう。

 

まとめ

就職先として美容クリニックのメリットとデメリットについて解説しました。
給料が多くて夜勤がないというメリットがありますが、臨床経験としてカウントされないことや土日祝日に休めないデメリットがあります。
メリットとデメリットを比較して就職先を検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です